保育士転職

保育士の転職活動はネットでOK!

 

保育士の転職活動もネット(保育士転職サイト)を利用する方が増えています!

 

看護師や薬剤師の業界の転職には、、転職サイトの利用が、「あたりまえ」になってきています。

 

保育士の方も、これからは「保育士の転職サイト」を上手く利用して、より条件の良い、高待遇の転職を成功させましょう。

 

保育士の転職サイトでは主に次のようなコトが、「料金無料」で利用できます。

あなたの希望(地域・転職・派遣・パート・バイトなど)に合わせた求人を検索できます!
保育に特化したキャリアコンサルタントがあなたの活動のお手伝いをしてくれます!
各種のセミナー・説明会など就職支援を受けられます!

 

特に上手く活用したいのが、ポイント2のキャリアコンサルタントの存在です。

 

一見、「うざそう」、「うるさい」などと思う方も多いと思いますが、上手く使いこなしましょう。条件の交渉や、面接の設定を行ってくれたり、定職率や実際の職場の雰囲気も教えてくれたりと、紙の求人情報ではわからないことも聞き出せたりします。

 

是非、上手く活用して転職を成功させてください。

 

 

次は、おすすめできる「保育士の転職サイト」をランキング形式で紹介します。

 

 

保育士転職サイト【オススメランキング】

保育士の転職にオススメの転職サイトをランキング形式で紹介します。

 

保育専門求人サイト【ほいく畑】

福祉に特化した人材サービス会社が運営!
株式会社ニッソーネットが運営するほいく畑には、外には見られない特徴があります。ほいく畑に登録していただいた方には、保育士としてのキャリアアップに繋がる各種のサポートシステムを利用することができます。特に、ニッソーネットに出向いてスタッフ登録をしていただいた方には、実際の保育現場で直ぐに役立てていただくことができる実践的な保育セミナーを無料で受けることができます。

 

 

 

保育士転職サイト【保育ひろば】

転職お祝い金をプレゼント!
保育ひろばは、日本全国4万件以上の保育園および保育施設からの求人情報を貴方に提供することができる業界トップクラスの保育士専門の求人サイトです。ここでは、登録から入職までのステップの流れについて詳しく紹介していきます。登録は、インターネットの専用フォームや電話により簡単に行うことができます。

 

 

 

保育士転職サイト【FINE!(ファイン)】

日本最大級 保育士転職サイト!
直接園長先生からしっかりと給料や休日、勤務時間を聞いているので入職してから「あれ、違った」ということがありません。あなたの希望条件に合わせて、固定勤務や福利厚生など、働きやすい職場をご案内します。ですので、入社してから多くの方に良かったという声をいただいております。

 

 

 

転職支援サービス無料会員登録【保育士コンシェル】

安心伝言板(保育園と保護者をつなぐ連絡サービス)を提供しているプログレート。
保育施設とのパイプを生かし、求人情報には載せきれない詳細な情報をご提供いたします。全国6万施設、関東5,000施設以上、来年度開園情報から希望に近い求人をご紹介。今すぐのご転職、半年後、1年後のご転職でもお気軽にご相談ください。保育業界に精通したコンサルタントがあなたのご希望条件やご要望をもとにお仕事をご紹介。 その後、面接の日程調整等も行います。言いづらい給与交渉もお任せください。

 

 

 

保育士の転職活動の現状

 

保育士の転職パターンは、私立保育園から公立保育園への転職、私立保育園から私立保育園への転職、私立保育園から保育園以外の諸施設への転職というものが大半を占めています。

 

この中で、私立保育園から公立保育園への転職については、公務員試験に合格するという大きな壁を乗り越えるという試練が待ち構えています。

 

地方公共団体によっては、保育士の採用試験が毎年必ず行われるとは限らないため、試験日や出願書類の提出期限などを細かくチェックする必要があります。

 

また、公務員採用試験に合格するためには、それなりの勉強をしなければなりません。現職の保育士が空いている時間を使って受験勉強をすることはかなりハードルが高いということになります。

 

保育士に中には夜間のゼミや予備校などに通っている人もいます。また、通信教育を利用する人も少なくありません。

 

 

 

私立保育園から私立保育園への転職を希望する人の理由は、給料アップが中心になっているようですが、ほとんどの人が、いわゆる転職支援サイト(保育士転職サイト)を利用しています。

 

年度の途中で保育士転職サイトに登録し、現職場でこども達の卒園を見届けてから新しい保育園での勤務に付くというケースがもっとも一般的になっています。

 

面接の際の予備知識や実質的な残業時間の確認、保育園の基本方針などについて、保育士転職サイトのコンサルタントを介して詳細な情報を収集します。

 

また、保育園から児童養護施設や学童クラブ、または託児所などへの転職を希望する人は、知り合いの紹介や推薦など事前にコンタクトを取っているケースが多いようです。

 

保育士の現状

 

都市部では、保育士はとても不足しているのが現状です。

しかし、地方の過疎地域では、保育士試験はかなりの狭い門になっていることを知っている人は少ないでしょう。

 

看護師試験などと違って、大学の幼児教育科や短大の保育科などを卒業していなくても、保育士試験を受けることはできますが、肝心の合格率が相変わらず上がらないようです。

 

待機児童問題が社会問題になっているほど、何時までたっても保育園などの受け入れ態勢が整わない理由の一つに保育士不足があります。

 

何故、保育士になる人が少ないのでしょう。一般的に言われているのは、給料が低い割に責任だけが重いという理由から、保育士のなり手がいないということです。

 

確かに、保育士の給料は平均で月収214000円となっていて、全職種の平均値より10万円以上も低くなっています。さらに、経験年数や実績があっても、給与水準はいっこうに良くならないという声が多くなっています。

 

 

 

もうひとつ、保育中の乳幼児の死亡事故などが起こることで、保育士の責任が問われるような事態も現実的な問題になっています。保育士の転職パターンを分析してみると、保育園から企業の託児所や福祉施設などへ転出する人の数が増えてきています。

 

給与そのものも保育園より高くなり、保育園のようにモンスターと呼ばれる保護者とのトラブルがないことが、主な転職理由になっているものと思われます。このような事態に厚生労働省はようやく重い腰を上げ、必要な対策を講じようとしています。

 

保育施設を対象に各種の助成金を支給して、保育士の経験年数やキャリアに応じた賃金アップを指導しています。また、乳幼児の事故対策としての研修マニュアルを作成し、希望者にはハローワークなどでも見ることができるよう改善を行っています。

 

さらに、看護師のように出産などで一度リタイアした保育士の再就職についても便宜を図るための施策を準備しているようです。

 

今後、保育士の待遇がどのように変化するかについてはまだまだ不透明ですが、くれぐれも保育士になろうとする人の意欲をそぐようなことだけは無いように願いたいものです。

 
更新履歴