保育士の勤務先について

保育士の勤務先について

保育士の職場として最も数が多いのは保育園です。保育園を分類する場合、国によって認可されている保育園か、あるいは無認可の保育園なのかという分け方が基本になります。

 

その違いは、設備や保育内容、あるいは職員の数や資格など国によって決められた基準に合致しているか否かということになりますが、国や自冶体からの予算措置によりすべてが賄われている認可保育園と、ごく小規模の施設や人員で運営されている無認可保育園とでは大きな格差が生じています。

 

また、認可保育園には地方自冶体の組織である公立保育園と、個人または企業が運営する私立保育園があります。その他、病院に勤務する看護師や医師のこどもを預かるため設置された、病院内保育所や病児保育室などにおける保育士の需要も高まっています。

 

保育園などと比較するとやや勤務時間が変則になりなりがちですが、平均的な年収は保育園よりも高めに設定されているところが多く、保育園からの転職希望者も増えています。

 

また、近年、待機児童対策の一環として保育ママのシステムを各自冶体ごとに制度化することにより、自宅などで保育を行うケースも見られるようになっています。無資格者の研修制度を取り入れている自冶体もありますが、保育士の資格があれば保育の場所の提供を受けることも可能です。

 

その他、ホテルやショッピングセンターあるいは、企業が建物内に設置している託児所でも保育士の受け入れを歓迎しています。このように、保育士を必要とする職場は、その種類、数とも減少することはありません。

関連ページ

保育士とはどんな職業
保育士とはどんな職業なのか説明します。
保育士の歴史を知ろう
明治23年、現在の保育園の前身である日本初の託児所が新潟県に誕生しました。
保育士はどんな仕事をするの
保育士はどんな仕事をするのか簡単に説明します。
保育士の収入はどれくらい
保育士の収入はどれくらいなのか説明します。
保育士の将来は
近年徐々にではありますが、保育士の資格は社会的な価値があることを理解されるようになってきました。