保育士はどんな仕事をするの

保育士はどんな仕事をするの

保育士の職場と聞いて直ぐに思い浮かぶのは保育園ですが、保育士の資格が国家資格になってから、保育園以外にも児童厚生施設や児童養護施設、あるいは障害施設や支援センターなど、多くの施設からの需要が多くなってきています。

 

それぞれの職場で保育士の仕事は少しずつ違っていますが、日常的な集団生活の中でこども達を見守りながら、社会的な訓練や生活指導を行うことが基本となります。

 

保育園では、0歳から6歳までの児童を預かります。保育園にこどもを預ける保護者は、夫婦共稼ぎなどのため、自宅では子供の面倒を見ることができないというケースが圧倒的に多くなるため、保育士は、子供の生活すべてに渡ってケアをすることが仕事になります。

 

保育士は、こどもに対し食事、睡眠、排泄といった基本的な生活習慣を身につけてもらうために、親に代わって細かい指導を行うことになりますが、親元を離れての集団生活に戸惑いを見せるこども達に、どのように接するかが大事なテーマになります。

 

自分の親には甘えることができても保育士には心を開いてくれないこどもや、集団の中でどうしても周囲に同調できないこどもも少なくありません。

 

入園したときは、箸にも棒にも罹らないこどもが、卒園式ではまったく別人のように立派な挨拶をしてくれたことに、溢れる涙が止まらない保育士の姿を見ていると、例え苦労や悩みが絶えない仕事でも、それらをはるかに上回る感動を貰える保育士の仕事そのものに、大きな誇りを持っているように感じます。

関連ページ

保育士とはどんな職業
保育士とはどんな職業なのか説明します。
保育士の歴史を知ろう
明治23年、現在の保育園の前身である日本初の託児所が新潟県に誕生しました。
保育士の収入はどれくらい
保育士の収入はどれくらいなのか説明します。
保育士の将来は
近年徐々にではありますが、保育士の資格は社会的な価値があることを理解されるようになってきました。
保育士の勤務先について
保育士の勤務先について説明します。