保育園と幼稚園の違いについて

保育園と幼稚園の違いについて

保育園と幼稚園の違いはいろいろありますが、分かりやすくいうと、保育園は親に代わって保育を行うところで、幼稚園はこどもを教育するところだということになります。監督官庁については、保育園が厚生労働省、幼稚園は文部科学省、適用される法律は、保育園が児童福祉法で、幼稚園が学校教育法となります。

 

また、こども達を指導教育する先生についての資格は保育園の場合が保育士資格で、幼稚園の場合は幼稚園教論免状となっています。このように分類すると、幼稚園は小学校の受験準備やあくまでも勉強が主体となるようなイメージを受けますが、決してそうではありません。

 

保育園と同様、集団生活を通して正しい生活習慣やこどもの自主性を育てるためのカリキュラムがあります。また、保育園においても、年長組などではひらがなを覚えるといったプログラムを組み入れているところもあります。

 

ただ、保育園と幼稚園にひとつだけ大きく異なることがあります。それは、こどもがそれぞれの園で過ごす時間です。幼稚園は平均的に9時から14時までのところが多く、原則として1日4時間という時間が一般的ですが、保育園では9時から17時までがこどもを預けることができる時間帯としています。

 

両親が共働きで夕方でなければ迎えにいくことが難しいというようなケースでは、幼稚園にこどもを通わせることができません。保育園と幼稚園のどちらを選ぶかについては、単に教育と保育の選択ではなく、こどもにとってどちらが良いのかについて家族で真剣に話し合う時間そのものが大きな意味を持つことになります。

関連ページ

保育士になるための受験資格
保育士になるための受験資格について掲載します。
保育士試験について
保育士試験について簡単に説明します。
保育士専門学校について
保育士専門学校について説明します。
全国保育士会ってどんな組織
全国保育士会ってどんな組織なのか解説します。