保育士専門学校について

保育士専門学校について

保育士試験には筆記試験の外に実技試験があります。実技試験では、実際にこども達が目の前にいるかのような設定で、ピアノを弾きながら歌ったり、こども達が喜びそうな絵を描きながらお話をしなくてはなりません。

 

つまり、日常的にこども達の相手をしている人ほど、与えられたテーマにもっとも適した行動ができるということになります。

 

その点、保育士専門学校では、大学などの授業のように、ただ講師の話しを聞くことだけではなく、積極的に保育園などに出向いて実際にこども達との触れあいをする実習システムが充実しています。

 

またその際、現役の保育士の話しを直接聞くことなどで、保育士の仕事そのものの理解を深めることができるようになります。保育士試験へのアプローチには、通信教育などの方法もありますが、保育士としての適正を判断する基準となるものが、こども達への対応であることを考えると、何よりも実践的な訓練が大切になります。

 

保育士専門学校の選び方についてはいろいろありますが、音楽的な表現力とか語り手としての表現力など、自分自身が得意としている分野に特化した専門学校を探すことが重要になります。

 

また、保育士は嫌でもこども達の保護者との人間関係を構築していかなければなりません。保育士を目指す人に対して、今以上のコミュニケーション能力を身につけてもらうことは、何処の専門学校でも力を入れているポイントになっています。覚えることや身に付けたいことは山ほどありますが、2年間の専門学校生活は記憶に残るものになることでしょう。

関連ページ

保育士になるための受験資格
保育士になるための受験資格について掲載します。
保育士試験について
保育士試験について簡単に説明します。
全国保育士会ってどんな組織
全国保育士会ってどんな組織なのか解説します。
保育園と幼稚園の違いについて
保育園と幼稚園の違いについて説明します。