保育士の転職先について

保育士の転職先について記事一覧

現役の保育士にとって、最も高いハードルを越えなければならないものは公立保育園への転職です。私立保育園における保育士の悩みはやはり収入の問題でしょう。公立保育園に勤務する保育士との格差は勤務年数が長くなればなるほど大きくなってしまいます。また、有給休暇や共済年金などの保証も私立保育園とは比較になりません。しかし、公立保育園に勤めるためには、先ず地方自冶体が実施する地方公務員採用試験に合格しなければな...

日本には国から認可を受けた私立保育園と、施設の規模や保育士の数など定められた規定から外れた部分があるため、認可を受けることができない無認可保育園とがあります。両方とも都道府県の監査により一定の基準を保持していますが、認可か無認可かの格差は予想以上に大きなものになります。無認可保育園はその名の通り、国や自冶体からの助成が一切無いことにより経営はかなり苦しくなっています。その中で、一所懸命に仕事をこな...

保育士以上の人材不足に加えて離職率が高いという特徴をもっているのが看護師の世界です。結婚や出産を契機に一度職場を離れた看護師が、再度医療の現場にチャレンジしようと思い立ったとき、もっとも大きな問題になるのがこどものことでしょう。勤務ローテーションの関係で決められた時間に送り迎えができないため、こどもを保育園に預けることができないというハンデキャップは、看護師不足をさらに加速させる原因になっています...

共働きの夫婦のこどもが小学校へ入学すると、授業終了後から保護者の帰宅時間までを1人で過ごすことになります。学童保育所とは、小学校1年生から3年生までの児童を対象に、放課後から保護者が迎えにくるまでの間をフォローするために行われている放課後児童健全育成事業のことをいいます。地域によっては学童クラブ、放課後クラブなどとも呼ばれ、地方自冶体や社会福祉協議会などが運営する公的機関と、民間の事業体が運営母体...

本格的な女性の社会進出を促進するための施策が次々と発表されていますが、働く女性にとって、こどもの問題がネックになっていることは間違いありません。近年、企業内に託児所などの保育施設を設置する会社も多くなってきました。朝、こどもをつれた女性が出社すると、そのまま企業内託児所にこどもを預けて仕事に就き、仕事が終わるとこどもを迎えにいき、一緒に帰宅するというスタイルが現実になっています。このような施設にお...