企業内保育施設への保育士転職について

企業内保育施設への保育士転職について

本格的な女性の社会進出を促進するための施策が次々と発表されていますが、働く女性にとって、こどもの問題がネックになっていることは間違いありません。

 

近年、企業内に託児所などの保育施設を設置する会社も多くなってきました。朝、こどもをつれた女性が出社すると、そのまま企業内託児所にこどもを預けて仕事に就き、仕事が終わるとこどもを迎えにいき、一緒に帰宅するというスタイルが現実になっています。

 

このような施設において、こどものケアをする場合、必ずしも保育士の資格が必要だということはありません。しかし、企業が採用を決める根拠としているのは保育に関してのキャリアです。

 

当然のことながら、社員のこどもだからといって手を抜くことはできません。不慮の事故などが起こればたちまち企業の責任が問われることになります。その意味で保育士の資格は非常に歓迎されています。

 

それぞれの場面でどのような対応をとるべきなのかという、こどもに対する接し方が分かっているだけでも、安心して全てを任せることができるというのがその理由です。

 

企業によっては定時に仕事が終わらないことも多く、延長保育は日常茶飯事のように繰り返されますが、保育園からの転職者は、託児所の責任者としての役割をしっかりと果たしているという評価も多くなっています。

 

その日のプログラムも自分自身の判断で決められることが自覚と自信に繋がるというベテラン保育士の言葉の通り、これらの職種が保育士としての転換点になっているのかもしれません。

関連ページ

公立保育園への保育士転職について
公立保育園への保育士転職について説明します。
私立保育園への保育士転職について
私立保育園への保育士転職について説明します。
病院内保育所への保育士転職について
病院内保育所への保育士転職について説明します。
学童保育所への保育士転職について
学童保育所への保育士転職について説明します。