私立保育園への保育士転職について

私立保育園への保育士転職について

日本には国から認可を受けた私立保育園と、施設の規模や保育士の数など定められた規定から外れた部分があるため、認可を受けることができない無認可保育園とがあります。

 

両方とも都道府県の監査により一定の基準を保持していますが、認可か無認可かの格差は予想以上に大きなものになります。無認可保育園はその名の通り、国や自冶体からの助成が一切無いことにより経営はかなり苦しくなっています。

 

その中で、一所懸命に仕事をこなしている保育士にとって、もう少し精神的な余裕が欲しいという本音が転職理由になっています。

 

一方、認可を受けている私立保育園は、社会福祉法人や宗教団体、あるいは一般企業など、運営母体によって経営内容が異なるため、保育士の待遇については評価が分かれます。また、自冶体の一組織としての保育園の中には、運営自体を民間に委託するようなところも見られるようになりました。

 

そのため、私立保育園への転職を希望する人の多くは転職支援サイトを利用しています。給与や勤務形態など具体的な転職理由を明確にしてコンサルタントのサポートを受け、目的に合致した転職先を探すという方法が一般的になってきました。

 

私立保育園の転職は、公立保育園へのそれと比較すると、比較的容易に希望の転職先が決まるという傾向が強くなり、この先もこのような形での転職活動が増えてくると思われます。

 

政府の見解によると、保育士の資格を持っていながら職に就いていない潜在保育士の数は今後ますます増大するといわれていますが、政府による一刻も早い保育士の待遇改善策が望まれています。

関連ページ

公立保育園への保育士転職について
公立保育園への保育士転職について説明します。
病院内保育所への保育士転職について
病院内保育所への保育士転職について説明します。
学童保育所への保育士転職について
学童保育所への保育士転職について説明します。
企業内保育施設への保育士転職について
企業内保育施設への保育士転職について説明します。