保育士転職について

保育士転職について記事一覧

保母という名称で長い間親しまれた保育士は、こども達にとって信頼できる先生ですが、学校教育法で定められた教師ではありません。そのことが原因になっているかどうかは別にして、保育士と保護者との意見の食い違いによるトラブルを見受けることがあります。多くの保育士は、ただ単にこども達の世話をすることが任務ではなく、親を含めた保育に関する指導を行うことが自らの責任だと考えています。保育現場では、それぞれのこども...

保育士の転職理由は大きく3つに分けることができます。1つめは給与、2つめは人間関係、3つめは仕事内容という何処の社会にでもよくある問題です。しかし、それらを詳しく分析してみると、保育士ならではの悩みを見つけることができます。保育士の平均的な給与水準を同じ国家資格を持つ看護師と比べてみると、その格差の大きさに驚かされます。看護師とは年収にして100万円以上も劣るという事実があります。また、人間関係の...

保育士に限らず、トラブルをなくして円満且つスムーズな転職が完了するためには幾つかのコツがあります。すべての基本は誠意と礼儀です。園長に退職を伝えるときは誠意をもってその理由を話します。例え給与に不満があったとしても、ダイレクトにここは給料が少ないのでもっとよい所へ転職します。などといえば、当然のことながら円満退職とはなりません。健康上の理由や家族のことなど、残念だけど仕方がないという理由を探してく...

保育士の転職では求人サイトを利用する人が圧倒的に多くなります。ここでは、求人サイトを利用する際の注意点に付いて紹介をしていきます。保育士は給与面で恵まれていないという問題はありますが、こどもの世話をしながら子供の成長に貢献していくという保育士本来の任務と責任から、看護師などと比較して離職率や転職率が低くなっています。それでも、転職をしたいということはそれなりの理由があるからということなのでしょう。...

保育士転職の心構えとしてもっとも大切なものは、保育士の仕事について自分自身がどう考えるかを再確認することでしょう。そんなことは保育士になったときにとっくに決めていると言われる人もいると思います。しかし、大学を出て憧れの保育士になれたときに描いた、私はこんな保育士になりたいという目標に向かって確実に前進していますという、順風満帆な航海を続けている人はそう多くはありません。現実の厳しさや人間関係の問題...